インプラントかみ合わせに不具合

何らかの事情で歯を失った場合、義歯という選択がありますがその中でもインプラントは他の自然な歯とのかみ合わせが良い治療法とされていますが、治療後に食事をした際に食べ物を噛むと違和感を感じたり手術した歯茎近辺が痛む等といった不具合が生じることも実はあります。その様な場合は失敗したのか、と言えばそうではなく、インプラント調整をすることで改善される可能性が高いです。歯の高さは1mm未満の非常に小さな高さのずれが生じただけで大きな負担がかかり不具合を感じます。そのため違和感を感じたら治療をした歯科医院で相談し、その小さなずれを調整してもらうことで症状を改善する可能性が高いと言えます。

改善するためのインプラント治療

むし歯や歯周病などが減員で抜歯をした際に、かみ合わせが悪くなることを予防するためにインプラント治療を勧められる場合があります。これは顎の骨に人工歯根を埋め込む治療ですが、特に奥歯の場合は失われた噛む力を80~90%程度、回復することが出来るとされています。そのため抜歯による他の歯への負担を減らすことが出来、結果としてかみ合わせの改善につながるのです。抜歯した箇所や歯科医師によっては必ずしもインプラント治療を勧めるとは限りませんが、人工歯根を埋め込むことが出来ると知っておけば、仮に抜歯をした後にどの様な処置が必要なのかを歯科医師と相談することが出来、選択の幅が広がります。

↑PAGE TOP

Copyright © イオンプラント不具合噛み合わせ All rights reserved