インプラントの仮歯のかみ合わせ

インプラントはあごに人工歯根を植え付け、人工歯を連結することで成り立っています。あごに人工歯根を植えたとき、あごの状態によって安定しないことがあります。このような時は仮歯を入れることになりますが、この期間は2ヶ月から6ヶ月で、かみ合わせやあごの状態を安定させたり歯茎の状態を整えるのにとても役立ち、工程によって何回も修正されます。注意として、これでもうインプラントが終ったと思っている人もいるようですが、仮歯はプラスチックでできているので、とても弱いのでかみ合わせによって、人工歯根が抜け落ちるということもありますので、ちゃんとした人口歯を入れてもらうようにしましょう。

かみ合わせを取り戻す事は大切な

失った歯の代わりに歯槽骨にインプラントを埋め込み人口の歯をその上に装着するという治療があります。乳歯、永久歯に次いで第3の歯ともいわれ、きちんとケアすれば自分の歯と同様に半永久的に使用できます。歯を失うとかみ合わせや歯並びのバランスが崩れてしまいます。時間経過とともに身体症状が出てくる場合もあります。かみ合わせはとても重要なことで、今では歯並びが悪いと歯列矯正をする人も増えていますが、上下の歯でしっかり物を噛み食べるということは体調、脳の活動、肩こり等々につながっていくのです。歯を1本失うということが、周囲の歯の安定感を欠いたり、またその次の歯に影響を及ぼしたりということにも繋がるので早期の対応が必要になります。差し歯や義歯という方法もありますが、インプラントも選択肢の一つです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; イオンプラント不具合噛み合わせ All rights reserved