インプラントは自分の感覚で食べる

インプラントは人工歯根から心臓病のペースメーカー、骨折を固定するためのボルトなど治療のために体内に埋め込む器具の総称ですが、多くは歯科で人工歯を固定するためのデンタルインプラントのことを指します。歯が欠損した部分にのみ埋め込むことができるのでブリッジのように他の健康な歯を傷つけることなく、見た目も自然の歯とほぼ同じです。入れ歯と違い自分の歯と同じ感覚で食べ物を噛むことがき、欠損した歯の顎の部分に埋め込むため顎が痩せるのを防ぎます。

歯の欠損治療にはインプラント

転んで歯を欠損したり、加齢により歯が抜けてしまう方もいらっしゃると思いますが、その様な方にはインプラント治療がおすすめです。これは、歯の欠損部分にボルトを入れ人口歯根を作成し、その上から人工歯をつける治療の事を言います。費用は1本あたり15万円から25万円ほどで受ける事ができます。インプラント治療後の歯は、入れ歯とは違い自然ですし、食事の時の噛みごたえも違和感がないので気になる方にはおすすめです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; イオンプラント不具合噛み合わせ All rights reserved