インプラントかみ合わせ悪い痛み

いざインプラント治療をしたが、食事をすると歯や歯茎が痛んだりすることがありますが、これは1mm未満の小さな高低差によりかみ合わせが悪くなり、出る症状と考えられます。そのため手術をした歯科医院で診察し、微調整をしてもらう必要があります。この様な痛みを我慢し放置しておくと他の歯への負担が大きくなり頭痛や肩こりが慢性化や重症化したり、咀嚼することが上手く出来なくなる可能性を否定することが出来ません。インプラント治療後は痛みが生じないような自然なかみ合わせを歯科医院と協力し、作り上げることを考えることも必要です。

インプラントのかみ合わせの良さ

インプラント治療は高額で敷居が高いイメージの方も多いかと思いますが、その分メリットも多くあります。入れ歯などと違ってかみ合わせの調整が細かく出来るため、スムーズな噛み心地が実現します。また、自然の歯のような強さで噛めることも魅力なのではないでしょうか。保険が適応しない自由診療となりますので、保険適応の治療よりは費用がかかりますが、ストレスなく食べたいものを食べることが出来ることを考えると、やって損はない治療法です。治療をする前には、医師と治療方針や費用の面を含めて、しっかりと相談してからインプラントの治療を始めるかどうかの決定をすると良いでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; イオンプラント不具合噛み合わせ All rights reserved