インプラントのやり方とその後

インプラントは、骨の中に人工歯根を埋め込む治療法です。その人工歯根があごの骨と密着することにより、普通の歯と同じような噛む力を得ることができます。実際の治療は、部分麻酔をした外科的手術が必要です。人工歯根が歯に密着すると、その上にアバットメントをつけ、さらに、その上に人口歯冠をつけます。この人工歯冠は、セラミック製です。インプラントは治療をした後も、日常生活においても、歯の周りに汚れが残らないような歯磨きの仕方が大切ですし、定期的に歯科クリニックに通って、クリーニングをしてもらう事が大切です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; イオンプラント不具合噛み合わせ All rights reserved